ARBという種類に分類される高血圧症の薬、ミカルディス。処方してもらう際、医者に説明されたけれどいまいちわからない、またはもっと詳しく知っておきたい方のための情報をお届けします。

ミカルディスと抵抗とピーナッツについて

抵抗力や免疫力を高めて、健康を維持しましょう。風邪をひきやすい人もいれば、全然惹かない人もいます。その違いは抵抗力や免疫力の違いでもあります。体にそれなりの抵抗力が備わっていれば、お薬などは使わなくても、寝ていれば元気は復活をします。免疫力を高くすることで、風邪のウイルス侵入時にも自力で撃退して、元気に復活がしやすくなります。抵抗力を向上する食事面のポイントは、タンパク質の成分を多く摂ることです。魚や肉類、大豆製品や卵などは、体を作るために必要なタンパク質の成分です。ウイルスになど負けない、強い体を作る基礎の栄養素です。

高血圧治療に使われるのが、ミカルディスのお薬です。ミカルディスは高すぎる血圧を、配合成分により下げる効果があります。ミカルディス服用後は、すんなりと吸収されていきます。そんなに多くはないですが、副作用的に発疹が怒ったりします。過敏症状は珍しいもではありますがもしも起きたら、服用はストップして、処方を受けた病院でドクターに相談をしましょう。

ピーナッツはカロリーが気になる食材ですが、意外に健康にも貢献してくれます。ピーナッツを食べたらそのまま太りそうですし、鼻血も出そうですが、それは過剰な食べ過ぎでの可能性です。ナッツに限った事ではなく、何でも食べ過ぎは良くないです。ピーナッツはほどほどに食べることで、生活習慣病を予防することにもなりますし、がん予防にもなります。ですから実は、とても優秀な健康にも良い食材です。

ピーナッツは不飽和脂肪酸であり、含まれるのはオレイン酸やリノール酸なので、コレステロールを減らしてくれます。抗酸化作用のビタミンEが豊富ですから、老化を防ぐためにも役立ちます。