ARBという種類に分類される高血圧症の薬、ミカルディス。処方してもらう際、医者に説明されたけれどいまいちわからない、またはもっと詳しく知っておきたい方のための情報をお届けします。

ミカルディスの使用と生活習慣病の脳卒中

ミカルディスは高くなりすぎる血圧を正常な数値にコントロールするための治療薬で、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬と呼ばれる種類の降圧剤となります。略称をARBとして従来のACE阻害薬に近いものとなっていますが、第二世代ARBとして近年では多くの高血圧症の治療に用いられています。副作用が少なく、持続性もあることから1日1回の使用で済むほか、長期使用の治療に向いているという特徴があります。ミカルディスを含む第二世代のARBは、強いPPARγ活性化作用があることが知られており、肝臓や血管、脳細胞など様々な臓器を保護する作用があります。その結果、高血圧と共に糖尿病を併発した患者では、肝臓を長持ちさせるために良く利用されています。脳卒中は生活習慣病の中でとても危険な症状で、大別すると血管が詰まることで起こる脳梗塞と、血管が破れて出血する脳出血の2種類に分けられます。過去には脳出血の症状が多かったのですが、最近では高血圧の治療が一般的になってきたことから、脳梗塞が増えている傾向にあります。脳卒中の中では出血のほうが遙かに恐ろしく、溢れた血液によって脳細胞を圧迫しダメージを受けることになるので、出血が止まったあとでも麻痺などの後遺症が残りやすく、最悪の場合は症状が回復しないまま死亡するケースもあります。脳出血は血圧が上がりすぎることで血管が破れるものですが、PPARγ活性化作用によって血管に伸縮性が加わり破れにくくなるという効果もあるので、ミカルディスは脳卒中の予防にもなる治療薬です。その他の生活習慣病にも良い影響を与えるため、高血圧の治療薬だけに留まらないのが特徴です。とはいえ、治療薬頼みでは一向に症状は治らないので、生活習慣の見直しも大切となります。