ARBという種類に分類される高血圧症の薬、ミカルディス。処方してもらう際、医者に説明されたけれどいまいちわからない、またはもっと詳しく知っておきたい方のための情報をお届けします。

2017年02月の記事一覧

塩分の摂り過ぎで高血圧になったら病院で判定を受けてミカルディスで治す

普段何気なく食べているハムやチーズ、しょうゆ、みそなどにはかなりの食塩が含まれているので、辛いものが好きな人は、知らないうちに高血圧になっていることがあります。
血圧を正常値にするためには、塩分を摂り過ぎないようにしなくてはなりませんが、辛いものに慣れ過ぎると、薄味では食事が物足りなく感じてしまうので、食塩の代わりに香辛料を使うなどして、料理を工夫するようにしてください。
焼き魚なら、塩やしょうゆをかけずに、レモンをかけて食べるようにすれば、塩分の摂り過ぎを抑えられるだけでなく、美容にも役立つので、血圧が高めの方は実践するようにしたいですね。

血圧が高くなる原因は、塩分の摂りすぎや喫煙、ストレスなどですが、若い頃は何ともなくても、40代になると発症する人が多いので、高血圧かどうかを判定してもらいたいときは、お近くの病院で検査を受けるようにしましょう。
血液や尿検査などの結果を見て、お医者さんが高血圧だと判定したら、ミカルディスなどの血圧降下剤を処方してくれます。
高血圧の人は、糖尿病や高脂血症などにもなっていることが多いので、生活習慣病だと判定されたら、出された薬をきちんと飲んで、治さなくてはなりません。
血液がドロドロになり、動脈硬化が進行すると、脳出血を起こしやすくなるので、突然倒れて、救急車で運ばれるような目に遭いたくないなら、ミカルディスのような薬で正常な血圧を保つようにしましょう。
ミカルディスは病院で処方してもらえば、確実に本物の薬が手に入りますが、個人輸入代行サービスからも買うことが出来ます。
病院で診察代や交通費などの余計なお金を払いたくない方は、個人輸入代行サービスに注文するようにしましょう。

続きを読む